Screenshot_20180616-010427

FAが始まりました。バファローズ西、ライオンズ浅村、炭谷、カープ丸が宣言しているなど今年は大物のFAが多いです。宣言するしない迷い中な選手としてカープ松山、ドラゴンズ吉見、バファローズ金子もいます。人的補償のないCランクの選手ではタイガース上本も検討しているようで盛り上がること必至です。
FAは基本的には金がかかります。マネーゲームになりがちです。費用対効果が??になりやすい傾向もあります。昨年、ベイスターズは他の球団より安かったけど大和に3年3億積んでいます。それだけの価値があったかは微妙な気もします。今年のベイスターズはどうでしょうか。
色んな記事を見ると西を狙うようですがいくら積むんでしょうか。おそらくマネーゲームに走らず、チームの中心選手として優勝争いが出来ること、未熟なチームなのでほかの選手に影響力を発揮できることなど他の部分でアピールするんでしょうけど、ピッチャーだと球場の狭さがマイナス要素ですよね。ただ、先発ピッチャーに優しい(5回なげたら交代、中6日は確実に守る)があるのと、今年は貧打でリーグ最低の得点力でしたけど、見かけは打線のチームなので口説けるかも。ただ、キャッチャーの盗塁阻止率や後ろに逸らしまくり守備、内野、外野の守備の怪しさはマイナス要素ですがどう判断されるでしょうか。
逆にバッターは球場狭くて守りは楽だしホームラン出やすいから喜ぶかもですね。上本口説けるかもですかね。上本がベイスターズに来ることで打たれまくってる選手が味方になるだけでもいい面があるとは思います。
炭谷も昨年とかならいったんでしょうけど伊藤取ったしいかないでしょうね。
ジャイアンツ、タイガース、ホークス、バファローズの4球団はマネーゲームしかけてくるでしょうからベイスターズはそれうまくかわしながらベイスターズのいい面アピールして昨年の大和と同じパターンで獲得目指しましょう。高田GMがいないので誰が交渉に当たるんですかね。条件詰める人、チームの良さアピールする人は三原球団代表と進藤あたりがやるんでしょう。あとはカリスマ性がある人がほしいけどいないので元バファローズ繋がりの伊藤が頼みでしょうか。とにかくベイスターズフロント陣のうまさに期待しましょう。

よかったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村