予想通り敗戦。途中経過見る気も失せました。京山は予想通り序盤から失点。カープに走られまくる欠陥あると思われるセットポジションの投球。今の野球でストレートで盗塁されまくるのは癖を見抜かれてるとしか思えません。また、初回に低めのチェンジアップをことごとく捉えられてしまいましたがこれも癖を見抜かれてる気がします。そんな京山では抑えられるはずもなく失点を重ね3回5失点。昨日予想した5回4点にすら届かずでした。
戸柱先発も理解し難いですが、イニング途中交代はさすがにプライド傷つけ過ぎな気がします。盗塁はストレートが多かったし、初回失点した後はチェンジアップ減らしてたし戸柱はそれなりにしてたと思います。流れが悪い原因は京山にあると思うんですけどこんなことしていいんですかね。まわりのコーチが止めるべきです。鶴岡コーチ、青山コーチは何してたんですかね。ラミレスはコミュニケーション改善と言ってたけどできていないんじゃないのって思っちゃう采配でした。
打線は予想通り沈黙。初回のチャンスにベイスターズで一番ましな宮崎、筒香に何とかしてもらいたかったんですけど、凡退でした。3回も1アウト2塁で神里三球三振、石川1塁ゴロと確変完了っていう感じで打てる気配なく凡退。以降も伊藤のホームランは出ましたが、散発で点差は広がる一方。アドゥワに完投を許すがっかりな打撃でした。
貧打止まらず。1番神里はやめて、ロペスは確率悪すぎなので下位にして2軍の勢いある選手起用する必要ありです。
また、ラミレス采配空回りなので監督休養かヘッドコーチ、打撃コーチを2軍と入れ替えるとかも必要そうです。
そもそも先発ピッチャーの離脱祭り(東、石田、平良、井納、濱口)がケチのつき始め、筒香離脱からど貧打に陥落、パットン、三嶋など中継ぎ崩壊、大逆転負けも3試合くらいと負のスパイラルです。連敗もあれば連勝もあるというラミレス節は虚しさを感じます。
ラミレス空回りをどう止めるのか、ど貧打をどう止めるのか、中継ぎ崩壊をどう止めるのか答えは一昨年やった伸びしろある選手を同じポジション、同じ打順で起用し続ける忍耐力なのかもしれません。決断のときはいつでしょうか。今シーズンは期待していたので残念な気持ちでいっぱいです。


よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村