雨で中止にはならず。試合は行われてしまいました。ラミレスは2番ソト、3番宮崎と問題の2人の打順を入れ替えるもただ打つだけの攻撃スタイル崩さずでした。
序盤3回までは今永好投でライオンズ打線を無失点で抑えます。ただ、ベイスターズもど貧得点力打線の実力通り、ノーヒットで得点なし。3回柴田がフォアボールを選び相手のエラーで2塁進むも神里はいつもの通りの物足りないバッティングの内野フライで得点ならず。
さすがのライオンズ打線が牙を剥き始め、4回には源田、外崎の連打にフォアボールでランナー溜めて犠牲フライで2失点。ただ、この2点は守備力のなさゆえの失点で避けられたと思います。源田の2塁打はショートの頭を越えるヒット。神里の守備位置、打球への反応の遅さが2ベースにしているように見えましたし、外崎2ベースはソトのイケてない守備で取れそうなあたりを2ベースにしていましたし、犠牲フライもベイスターズのイケてないサードコーチなら止めるくらいの浅めのあたりなのにソトが捕殺できませんでした。ライオンズサードコーチは余裕でゴー、あっさり生還していました。
ラミレスはこの回申告敬遠2つもしたけど、納得いきません。エース今永に対して信用してないことになるし、その分打順が多く回るのでライオンズ強打者に対して多くの打席を与えることになるからです。
4回裏は相手のミス絡みでようやく反撃。1アウトから宮崎ヒット+エラーで1アウト2塁、筒香フォアボールで1アウト1、2塁。ロペスヒットで満塁。ワイルドピッチで1点もらい、犠牲フライで追いつきましたが相手ミスがいっぱい出てようやく同点にしただけ。一気に逆転できないど貧得点力打線らしさが垣間見られたシーンでした。
以降は神里のヒット1本だけ。追いつかない程度の反撃すらなし、今後の長い連敗が予想される敗戦、3連敗となりました。
この試合ベイスターズとライオンズの守備力、走塁力の大きな差を感じました。
4回のライオンズの攻撃もそうですが、7回1アウト1塁から外崎の三塁線の2ベースで得点された場面、守備位置の読みが外れたのかもしれないですが筒香のモタモタした守備につけこまれてます。8回の秋山ライト前ヒットで2塁から生還を許しましたがライトソトは前進守備をしていて、セカンドのすぐ後ろだったのにホームでアウトに出来ません。
いずれもベイスターズの攻撃だったらイケてないサードコーチが止めるでしょうし、イケてない野球盤走塁でホームに戻れることはないでしょう。
これでは今永を始めとする投手陣がいくら頑張っても報われません。今のベイスターズの限界を感じました。今の野球は外野守備はとても重要でそれ次第で失点が大きく変わること、高い外野守備力に対抗するために走塁力を高める必要があることをこのプレーで改めて痛感しました。しかし、ベイスターズはそれが全くありません。外野は守りに多少目を瞑らないとイケてない筒香、ソトが守ってるし、センター神里にはイケてない人たちをカバーできるほどの守備的はありませんし、高い外野守備力に対抗する走塁をできる人が非常に少ない(柴田や倉本のクラスができないのが問題。神里さえ怪しい)感があります。
なので交流戦勝てないんですね。どれだけ負け続けるか、下手したら中畑時代に大負けしたときと同じになりそうです。それを覆すには宮崎、ソト、筒香、ロペスが打ちまくるしかないのですがロペスが年齢からやや力が落ちてきているし、宮崎はゴロマシン状態、ソトは逆確変状態、筒香は強いボールに三振し続けてる状態じゃ厳しいです。宮崎、ソトが確変するまで雨で中止宜しくです。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村