オールスター前5割の目標に対して負けられないスワローズ戦。頼みの先発上茶谷でしたけど、今日はボールにばらつきがありいいボールと悪いボールがはっきりしていました。
スワローズ小川も同じ。ボールの強さはありましたが真ん中に集まりがちでした。
2回宮崎ホームランで先制しましたが、3回裏あっさり逆転されました。4回自動アウトだった柴田が奇跡的タイムリーで同点。上茶谷調子悪く4回裏2点奪われ再リード。この回の小川のセンターオーバーのあたりに神里が追いついたのに捕れないという相変わらずの守備でした。
これでスワローズペースになってしまう危惧しましたが5回すぐに追いつきました。先頭神里フォアボールとワイルドピッチでノーアウト2塁。佐野がタイムリーで1点差。小川の強いストレートをきっちり打ち返して素晴らしいバッティングでした。1アウト3塁から筒香犠牲フライで同点。1アウト3塁で三振しまくってる筒香ですが久しぶりにきっちり仕事してくれました。
ここまで競り合いになったのは柴田タイムリーの前に宮崎がノーアウト1、2塁からの進塁打、筒香犠牲フライの前にロペスがノーアウト2塁からの進塁打が要因なんだと思います。こういうつなぎがあって打線が機能するんだと思います。
更に6回繋がります。1アウト1塁から柴田が送りバント。危なくスリーバント失敗になりそうでしたが執念で転がしたように見えました。代打乙坂が粘りまくってフォアボールを選びます。続く神里、個人的にはスワローズ梅野のストレートに三振じゃないかと思って期待はしてませんでした。しかし、ストレートに押されながらも粘っていたら最後はスライダーでバットコントロールできて左中間に打ち返せました。神里しては珍しくいいプレーでした。好調佐野がフォアボールでつなぎ2アウト満塁、ロペスが何とグランドスラム。一気に5点リード、試合決めました。
実際はそうではなく6回から8回はヒヤヒヤでした。6回は怪しさ満点ソリス、スライダーはテレビで見ていても分かるくらい力抜いて投げて球種バレバレピッチングでしたがストレートで押し、得点差にも守られまさかの無失点でした。7回三嶋もヘロヘロ。ストレートが上ずったり、抜けたりいいボールと悪いボールがはっきりフォアボール2つで2アウト1、2塁フルカウントでしたが何とか雄平打ち取りかろうじて無失点でした。三嶋は疲労溜まってるのは明らかで水曜日はお休みと思います。8回パットンもコントロール超アバウト。得点差に守られコントロール気にせず強いボールでひたすら押して2ベースヒット1本打たれましたが何とか無失点。
ただ、9回は5点差あり康晃さんお休みで石田でしたが、石田よかったです。以前決め球がなく粘られて1人打ち取るのに10球以上費やしていたのが嘘のように追い込んでからストレートやフォークボールで三振を奪っていました。
とにかくオールスター前5割の望みが繋がりました。打線に明日もつながってもらって、濱口熱投で石田にもっと頑張ってもらって5割達成してくれること祈るばかりです。


よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村