前日いっぱい打ったので反動での貧打が心配でしたが、序盤はそれがモロに出てしまいました。
アルモンテホームランで先制された後の1回裏、先頭神里がツーベースでノーアウト2塁で同点に追いつくチャンスでしたが、筒香、ソトは進塁打さえ打てず凡退でランナー2塁のまま。ロペスフォアボールも伊藤裕凡退とイケてない攻撃となりました。更に2回も細川フォアボール、嶺井ヒットでノーアウト1、2塁。8番石田に回りましたので送れず、ラミレスは奇襲でバスター、しかし最悪のダブルプレー。ピッチャーとしてはバッティングがいい石田でも無理な作戦でした。解説の佐々木も三振してもいいから送りバントすべきとのことでした。次の大和がヒットでしたので痛すぎ、がっかりな攻撃になってしまいました。
完全に流れ悪くなり4回、5回に追加点取られ、しかも4回のビシエドホームランはLED破壊のスコアボード直撃弾で完全に流れがドラゴンズになりました。
しかし5回裏、流れ変えたのは筒香。1アウト1塁から筒香がライト前ヒットで1、3塁とチャンス拡げました。続くソトのサードゴロ福田がファンブルして1点返しました。筒香が打つと得点入るし、筒香絡んで得点取れると勢いつきます。
勢いついたベイスターズ、6回ラミレスの予言的中の伊藤裕ホームランで更に1点返し1点差。狭いハマスタホームランでしたが、ルーキーらしい、思い切りいいスイングだったと思います。
しかし、7回齋藤が1失点、さらに7回裏福に抑えてられ、流れはドラゴンズに戻ったように見えました。これまでのベイスターズならこれで萎んでしまう追いつかない程度の反撃になるところですが、8回三嶋が抑え、その裏ドラマがありました。
先頭ロペスがヒットで出塁。ラミレス勝負をかけ代走乙坂を送りました。変化球を投げにくくするための代走だったのでしょうか。狙い通りロドリゲスがストレートを続けた2球目を伊藤が捉えレフトスタンドへ運ぶ起死回生のホームラン。同点に追いつくことが出来ました。
押せ押せのベイスターズは9回に山﨑康晃起用し無失点で抑え流れ作り、9回裏先頭大和がツーベース、桑原送りバントがピッチャーが内野安打になり、筒香敬遠でノーアウト満塁。期待のソトは内野ゴロで1アウト。しかし、続く乙坂が2球目の甘いボールを捉え、ライトへのサヨナラ犠牲フライとなりました。
ラミレス采配ミス含めた序盤の拙攻を伊藤裕の2発でチャラにするなど、イケてない攻撃を選手全員で助け合うベイスターズらしい展開でドラゴンズに連勝、日曜日先発今永にいい流れでつなぎました。
日曜日のドラゴンズ先発笠原はあまり打てないと思いますので競り合いで終盤勝負ができるような展開になればと思います。のってる伊藤裕の勢いを活かしたいですが、笠原の変化球は打てないでしょうから、桑原スタメンに入れるなど何か工夫が必要かもしれません。
3連勝でジャイアンツの背後にピッタリつけていければと思います。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村