ベイスターズに残された道は先発濱口の好投+筒香、ロペス、ソト、宮崎が打って勝つしかないと思っていました。
初回の濱口はいきなり近本2ベースで送られ1アウト3塁。色んな意味の嫌らしさ満点の福留。初球を捉えた打球が幸いにも前進守備してた大和の正面へのゴロでランナー3塁のまま。マルテフォアボールで大山。フルカウントから変化球がいいコースにいき空振り三振。タイガースの勢いを殺すナイスピッチングでした。
ロペス2ラン、筒香ソロで3点先行。濱口は2回以降快調なピッチングでしたが、5回守りに足を引っ張られます。2アウト1塁から北条のあたりが3塁線破るもあたりは弱く左中間詰めていた筒香が追いつくのに時間がかかりましたが1塁ランナー上本は強引にホームを狙います。普通にプレーすれば楽々アウトのタイミングでしたが中継した大和の送球が悪く、キャッチャー戸柱も捕れたらアウトでしたが後ろに逸らす最悪守備。タイガースに反撃のすきを与えてしまいました。
更には眠っていた福留にタイムリーで1点差。6回今永登板も内野安打(素人的には大和がいかないとアウトにならないのにいかないいけてないプレー)を送られ、上本にタイムリーと最悪の流れで追いつかれました。ただ続く近本は抑え勝ち越しは許さずはナイスでした。
6回裏、今年のCS男の神里タイムリーで勝ち越し。
7回からの継投が怪しすぎました。パットン登板も球速10km落ちで打ち取れる気配なしでした。北条ヒットでノーアウト1塁、代走植田、モーションの大きなパットンでは走られますますピンチになりそうな絶望感でしたが植田を2塁で刺しました。非常に大きなプレーになりました。しかもその後抑えられず1アウト1、2塁となりエスコバーに交代。エスコバーも昨日47球も投げてヘロヘロだったと思いますがストレートで押し無失点でしのぎました。
後がないベイスターズは8回から康晃登板
、ストレートがコーナーに決まるなど調子よかったんですが、9回2アウトランナーなしで福留の場面。手痛い1発で追いつかれてしまいました。ますます不利になりましたが、9回裏奇跡が起きました。1アウトから宮崎ヒットで出塁。山崎に代打乙坂。送りバントでランナー進めるべきなど解説が語るなか2球目のストレートを捉えた打球はライトスタンドへ。信じられない幕切れとなりました。
タイガースの連勝は止めることができました。
ただ、勝負の第3戦、ベイスターズ先発は上茶谷でも井納でもなく平良とのこと。序盤にリードされる展開は避けたいので、今日1/3しか投げなかった三嶋、国吉、上茶谷含めブルペン総動員で勝負かけましょう。
ラミレスは今日9番濱口と8番ピッチャーの打順にしませんでした。少しだけ見直しました。
泣いても笑っても後1試合、選手を信じてラミレス采配気に入らないところも多いけどテレビの前で応援したいと思います。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村