ラグビーワールドカップで日本がスコットランドに勝ちベスト8に進出しました。
その裏でCSファイナルステージがセパいずれも4勝1敗の圧倒的な形でセ・リーグはジャイアンツ、パ・リーグはホークスが日本シリーズに進みました。パ・リーグは2年連続優勝したライオンズが日本シリーズに進めない、ライオンズ的にはかなり残念な結果になりました。
そんな中、ベイスターズファンとして負け惜しみ的に思うことがあります。1stステージ第1戦のリード守りきれたら、第3戦6回1アウト満塁で柴田か佐野が逆転タイムリー打っていたら…。CSファイナルステージはジャイアンツの一方的な展開にきっとならなかったんじゃないかと。
昨年も似たような負け惜しみありました。CSに進めないでいたにも関わらずジャイアンツとの直接対決に勝ってベイスターズがCSに残っていたらきっとファイナルステージでカープといい勝負が出来ていたはずと。
たらればの負け惜しみであり、タイガースファンには申し訳ないのですがすごく思ってしまいました。タイガースはベイスターズとの1stステージでの消耗が大きかったのかもしれません。元々タイガースはジャイアンツ戦の分が悪いのですが、それを跳ね返す力は残ってなかったようです。ジャイアンツ打線の坂本や丸などの個の強さをタイガース投手陣が止められませんでした。逆に攻撃ではベイスターズほど隙がないジャイアンツの防御からそれを上回る得点はできませんでした。ベイスターズもジャイアンツと同等とは言わないけど近いところまで防御力を上げていけばタイガースには今回のCS1stステージのように負けないはずだと改めて分かりました。
バッテリーのディフェンス力アップ、先の塁を許さない守備力アップをベイスターズは目指したいですし、それができれば優勝に近づけると思います。
超負け惜しみすみませんでした。でもベイスターズファンは思いますよね。
共感してもらえたらうれしいです。


よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村