ベイスターズ先発は井納でいつノックアウトになるか分からない出たとこピッチング、ドラゴンズ先発山本は練習試合で5回ノーヒットに抑えられた相手、苦しい試合を想像しました。勝つならオースティン、宮崎など調子のいいバッター中心にある程度打って序盤でリード広げ、井納が4回4失点くらいでもリードを保ち、5回から中継ぎ総動員で逃げ切る展開しかないと思いました。
それでも井納はドラゴンズの打者にフォークボール見極められ、ストレートがシュート回転して痛打されるパターンがいっぱいありましたが、要所でフォークボールが低めに決まって5回2失点、5回裏には梶谷が勝ち越しホームランとまさかのリードした展開で中継ぎにつなぎました。
カープ戦で失点くり返していた中継ぎ陣が月、火のお休みがよかったのか6回三嶋が1アウト3塁のピンチをしのぎ、7回石田もノーアウトでフォアボールのランナー出すイケてない展開も粘ってアウト2つ取り、パットンに継投。パットンは好調、イニングまたぎでしたが4人のバッターを完璧に抑え、抑えの山﨑康晃につなぎました。
山﨑も開幕直後にピークを持ってこない調整もあってまだ調子が上がっていない状態、アウト2つまではすんなり取れましたが、そこからヒットとフォアボール2つで満塁、1本出れば逆転される大ピンチでしたが、ツーシームを低めに集めてビシエドを内野ゴロに打ち取り勝利となりました。
痺れる試合、一歩間違えれば逆転負けの試合、相手が苦手タイガースだったらやられていたかもしれませんが、苦手ではないドラゴンズ相手だからか何とかしのいで勝利できました。
3連勝はしましたが打てていないので物足りなく感じます。明日はドラゴンズは打線をいじってくるでしょう。素人考えですけど自分なら、打てている京田2番にして大島、京田、ビシエド、高橋、阿部とベイスターズ投手陣から打てている選手を並べます。そうなると今日みたいに調子いい人歩かせてそうじゃない人を打ち取るぎりぎりピッチングでは通用しません。先発、中継ぎ含め失点増えると思われ、打線の奮起が必須となるでしょう。
ソトはお約束のようにカーブ系のボールでカウント取られているのでそれを狙ってほしいし、オースティンも変化球中心で攻めてくるのでストライクを取りに来る甘めの変化球を狙ってほしいです。
同一カード3連勝を狙って、序盤から打って、先発坂本の緊張をやわらげてくれることを期待します。


よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村