タイガース3連戦の初戦、ベイスターズ今永、タイガース西のエース対決でした。今永は立ち上がりからいいピッチングでタイガース打線を3回までパーフェクト、ベイスターズ打線はヒットでランナー出すけど続かずで序盤は無得点。
今永はその後も快調なピッチング、5回に宮崎ホームランで先制しましたがその後のチャンスをいかせず、1対0リードですが、タイガースお得意のロースコアの展開で終盤へ。これまでタイガースに何度も終盤逆転されてきたので、この試合もいつ逆転されてしまうのかと不安でしたし、タイガースペースなんだと思っていました。
ターニングポイントは8回でした。8回表、先頭打者がヒット、バントで2塁に送られ1アウト2塁、逆転されそうな嫌なムードでした。しかし、今永が踏ん張り無失点でしのぎました。
8回裏のベイスターズの攻撃、西から代わった小川に対してオースティン2ランでリードを広げました。更に2アウトから宮崎、伊藤の連打と代打柴田がフォアボールつないで満塁として大和、梶谷連続タイムリーで3点追加。この3点追加が大きく、タイガースの反撃ムードを切ることができました。
9回は土曜日にベンチ外れるかもしれないパットンが登板。ランナー出しながらも抑えて完封リレーで勝利となりました。
タイガース相手に勝つためには、打線を完全に抑え込むか、タイガース投手陣をなんとかこじあけるかだと思うのですが両方できたので完勝できました。終盤まで投手戦でタイガースの逆転がいつ始まるのかビクビクしてましたがこういう試合に勝てたのは大きいです。
土曜日はピープルズ先発、外国人枠どうするのか、前回同様パットンを外すのか、ロペスを休養でベンチから外すのかラミレス采配に注目です。
タイガース先発岩貞から3点とって、タイガース中継ぎ陣からも得点して、ピープルズが5回か6回を2点以内、中継ぎが1失点以内でしのいで、山﨑康晃がランナー出しても粘って失点なしで抑えるが素人考えですけど勝つためのシナリオです。まずは守備範囲が狭くても下手でもピッチャーの足を引っ張らない守備、梶谷、佐野、宮崎の打撃が鍵じゃないかと思います。タイガースに連勝して苦手意識を一気になくしましょう。


よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村