タイガース病完治まであと少しだったのに。叶いませんでした。
先発ピープルズはイマイチで5回5失点。それでも6回先頭オースティン2ベースに対して2つのアウトで1点返し、7回は満塁からオースティンタイムリー逆転、国吉の頑張り、8回ピンチを石田が抑え、9回山﨑康晃でしたが…。
前回ドラゴンズ戦のぎりぎりセーブのときと同様2アウト、後1人から大事にいってのフォアボール2つ。ここでサンズに痛恨の3ラン打たれてしまいました。6連勝とタイガース病完治がすぐそこまできていたのに、残念な1球となりました。
打者大山のときカウント2ボール1ストライクからピッチングコーチがマウンドにいったり、その後山﨑康晃が初めて牽制球投げたりとかニュースになっていましたが、山﨑康晃は植田に走られてもいいからバッター集中だったのにベンチからランナー牽制のサインが出て、それに従わなかったからピッチングコーチが出てきて、初めての牽制となったのかもしれません。結局走られてしまいましたし、カウントも悪くなってしまい大山フォアボールになってしまいましたし、ベンチが動き過ぎて山﨑康晃の集中力を欠いてしまったと思われます。
ラミレスお得意の守りのときの動きすぎ、黙って見てろだったに違いありません。攻撃のときは何もしないくせに守備のときは申告敬遠大好きだし、ピッチャー心理考えず動きまくるのやめた方がいいです。
逆転された後の9回裏、ベイスターズも反撃はしますがやはり追いつかない程度でした。ソトフォアボール、オースティンヒットでノーアウト1、2塁のチャンスでしたが、佐野はセンターフライ。藤川の甘めのストレートを打ち返しましたが、藤川のボールの勢いに勝てず、流れ止めてしまいました。続く柴田も勝負強さ見せてくれるのではと期待しましたが三振。残念でした。宮崎に期待しましたがデッドボールで結果的に勝負避けられ、代打楠本がレフトフライで敗戦、6連勝とはなりませんでした。個人的には代打は今シーズンヒットがない楠本ではなく、ドラゴンズ戦に3ラン打った戸柱だった気がします。ラミレスの
とても残念ですが眠っていたタイガースを起こしてしまいました。ジャイアンツのように調子の悪いタイガースにきっちり勝てないのはまだまだ勝負の厳しさに欠けている証拠です。優勝争い出来るチームになりきれていないです。菅野が打たれても逆転勝ちしたようなジャイアンツと同じ勝負強さがベイスターズにはありません。
9回ノーアウト1、2塁から1点も取れなかったのはその象徴です。佐野、柴田の勝負強さがまだまだ足りません。悪くはないけど優勝できるレベルではないんだと思います。発展途上なんだと思うので今日の負けを糧にするしかないです。
タイガース3連勝の可能性が、勝ち越せるかどうかに変わりました。明日の先発平良がタイガース打線をもう1度抑えこんで、打線、特に佐野、宮崎がタイガース投手陣を打ち込んで、山﨑康晃にリベンジのセーブチャンスを与えて、山﨑康晃もそれに応えてほしいです。
めちゃくちゃ痛い敗戦ですがトゥモアナって言うしかないです。切り替えていきましょう。

よかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村